水虫は抗真菌薬で治療!

水虫は白癬菌というカビが原因です。高温多湿の環境だと活動が活発になります。抗真菌薬で治療し再発防止のため生活環境を改善しましょう。家族の方に移る恐れもありますのでそこにも注意しましょう。

抗真菌が効くか梅田のクリニックで足の指の判断を

足の指の皮がむけたり、かゆみや膿んでいるような感じがあると水虫を疑い、市販の薬を用いて治そうとしてしまいがちですが、誤った判断の場合があるので病院で検査を受けるべきです。医師であっても、検査をせずに水虫と判断しているようなところは信頼できません。水虫になる原因菌がいるかどうか顕微鏡等で見るなどして、菌がいたときのみ水虫となります。

湿気による湿疹や他の皮膚病に抗真菌薬を用いても効果が期待できない時があり、水虫であっても状態によっては炎症を悪化させることがあるため、専門医師に診てもらい抗真菌薬で対処が可能か診察してもらいましょう。

足の指を水虫から守るためには、湿気をなるべく帯びさせないことが重要になってきます。夏場は通気性の良い靴下や靴を用い、外出から帰ったら良く洗って水けを拭き取ります。靴も乾燥させるため毎日同じものを履かないほうがベストです。冬場であっても厚い靴下を履いたり、通気性の悪いストッキングやタイツなどを用いていれば湿気が溜まりますし、ブーツなどは指先が乾きにくいため、湿気を吸ってくれる新聞紙などを入れておくのも良い方法です。

梅田にある水虫を見てくれるクリニックでは、顕微鏡による真菌検査を行い対応を行ってくれるところがあります。家族にも同様に足の指に症状が出ているようであれば一緒に梅田のクリニックまで来て治療するように勧めてます。一人が治っても家族に水虫の人がいれば再度感染する確率が高いからです。梅田のクリニックでは抗真菌の塗り薬や内服薬などを処方してくれて、回復を目指すことができます。細菌感染症を起こしている場合など抗真菌の塗り薬と内服薬を併用することで悪化を防ぎ、早い治療が期待できます。