水虫は抗真菌薬で治療!

水虫は白癬菌というカビが原因です。高温多湿の環境だと活動が活発になります。抗真菌薬で治療し再発防止のため生活環境を改善しましょう。家族の方に移る恐れもありますのでそこにも注意しましょう。

絹の靴下効果~治療は抗真菌薬とレーザー照射がお勧め~

日本人の5人に1人は、水虫に掛かった事があるというデータがある程、水虫は身近な皮膚病の1つです。
白癬菌というカビが皮膚や爪部分に感染する事で起こる水虫は、昔から悩んでいた方が多いのでしょう。
数々の民間治療が誕生しています。

数ある民間治療の中でも有名なのが、「絹の靴下」です。
カビは湿度が高い所で繁殖しやすいという、特性を持っています。
靴下を履く機会が多い足は、蒸れやすく白癬菌が感染・繁殖しやすい環境です。
絹の靴下効果は、足の蒸れを軽減できるという点が挙げられます。
足の湿度を上げないので、絹の靴下効果には水虫対策に有効でしょう。

ただ、白癬菌は1度感染してしまうと、皮膚の角質層奥深くや、爪の中に入り込んでしまいます。
こうなってしまうと、ただ蒸れを軽減してしまう絹の靴下だけでは、改善の効果は期待できません。
特に爪水虫の場合、爪が厚い事から病院で処方される抗真菌外用薬でも、改善できないのです。
爪水虫の前では絹の靴下効果も、かすんでしまいます。

皮膚の水虫や爪水虫は、抗真菌薬で治療する事が大切です。
抗真菌薬は白癬菌を殺菌できるので、改善と共に感染の広がりを抑える効果も期待できます。

爪水虫の場合、外用薬が効かないという事もあり、抗真菌作用のある内服薬で治療するケースが一般的です。
しかし内服薬の場合、長期間服用すると肝臓へ大きなダメージを与えてしまいます。
より爪水虫の治りを早める為、最近はレーザー照射による治療が浸透しつつあるようです。
レーザー治療は爪にレーザーを照射し、白癬菌を蒸散させる治療です。
白癬菌自体にレーザーを照射できるので、爪水虫の改善にレーザー治療は高い効果を発揮すると、注目を集めています。